自然でばれない植毛ができる先生を探す公式ウェブサイト

数々のくせ毛の対策方法

くせ毛の対策方法は、私が15歳の時は、髪をできるだけ伸ばすようにしました。ショートヘアーにするとくせが出て、髪もくせで広がるのでお手入れが不便でした。

 

長いと髪の重さで多少はくせが出ても結べばそんなに気になりません。また、その頃はおこづかいも少なかったのですが、こづかいで市販のストレートパーマ用の液を購入し、自分で髪を伸ばしていました。

 

美容室に行きたかったのですが、行けなかったからです。市販のストレートは縮毛矯正とは違い、ウェーブのパーマをしてストレートに戻すための液だったので、しっかり真っすぐにはならなかったですが、気持ちとしては、良かったです。

 

くせ毛用のシャンプー、リンスを使っていました。すぐに効果があるわけではないですが、多少はまとまりやすくなりました。社会人になってからは美容室で縮毛矯正を3か月に1回しています。

 

お値段はかかますが、何よりお手入れが楽です。仕事に行ってた時の朝は忙しいので、縮毛矯正にしてからくしでとかすだけでいいので、かなりおすすめです。

 

髪の流さないトリートメントは美容室で購入したくせ毛用のジェルのようなものです。このトリートメントを使うと縮毛矯正のもちもよくなり、くせもできるだけ防げます。

 

また、縮毛矯正をしていてもくせがだんだん出てきます、そんな時はヘアーアイロンを使って、前髪、根本をアイロンで真っすぐにします。美容室にすぐに行けない時などはかなり便利なアイテムです。

 

あとは、髪を洗った時は、ドライヤーは必ずして寝ます。髪が濡れたまま寝ると次の日の髪が爆発してしまうので、きちんと髪全体を乾かしてから寝ます。

 

うねる髪への対処法

生来、くるくる天然パーマまではいかないけれど、ゆるやかに髪がうねる髪質で、前髪、うなじの毛は特にどの美容院に行っても美容師さんに「くせが強いですね」と言われます。

 

くせ毛自体は毛根の形が規定するものなので、根本からの解決は縮毛矯正して髪を蛋白のレベルでまっすぐに戻すしかないでしょう。
完璧なストレートの人は、前髪のアレンジが難しいと聞くし、実際私も、少しくせがあった方が前髪に関しても勝手に斜め横わけになりますし、後髪のアップの際も、ストレートの方はわざわざ巻いて下準備するくらいですから、都合が良い時もあります。

 

今日はストレートがいいなと思う日の対処法はくせ毛の最大の大敵は湿気なので、シャンプー後、しっかり乾かして女性薄毛対策育毛剤を使うことです。生乾きだと、そのあとどんなにしっかりブローしてもきれいなストレートにはなりません。そして、寝る前であってもブラシ付きドライヤーやブローブラシなどで、熱を与えながらとかして髪の流れを整えておくことです。

 

上記のような下準備をしておくと、翌朝、簡単なブローでもストレートヘアが実現できますよ。
晴れの日であれば、ブローのみで終了でもお帰りまでいい状態を維持できますが、湿気が多い日や雨の日は仕上げにキープ力のあるスプレー、ムースなどの整髪料を使うと、より効果的です。また、整髪料を使うことによって髪表面につやが出るので、髪を綺麗に見せる効果が期待できますし、髪にタバコなどのニオイがつくことも予防でき、一石二鳥です。

 

クリーミュー 口コミ

人気急上昇中の洗顔料クリーミューの口コミを集めました!気になる効果や体験談はこちらから


ホーム RSS購読 サイトマップ